スポンサーリンク

ゲイの男友達に告白されて、アナルを犯されてしまった高校時代の私【H体験談告白】

私は男子高校に通っていました、

自分はホモの毛は、全くなくノーマルで
今まで好きになった相手は女性だけです。

そんな私が、休み時間、
いつものように友達と話してたら、
ある男友達に、

「Aがお前の事呼んでるから、
階段の一番上の所行って」

言われて、
私は固まってしまいました。

私は、Aの事はただの男友達だと思っていたので、
階段上で「好きだ」と言われても
何も言えませんでした。

ただ、男から告白されて、
気持ち悪いとかそういう感情は全く無く。
何故か恥ずかしくて顔が赤くなってしまいました。

それをOKと勘違いしたのか
ゲイの男友達のAは調子にのって身体を触ってきました。

「意外といやらしい体してんだな」

とAから言われ、
ますます恥ずかしくなってきました。

恥ずかしさのあまり無言でいると、
さっきよりも強く胸を揉まれ、
乳首を吸ったり舐めてきます。

私は、嫌だと思っていても何も言えず、
「んっあぁんっ!」と、
甘い声を出してしまいました。

そのままパンツまで脱がされて、
私はとうとう全裸にされてしまったのでした。

そんな私を見て、
Aはあろう事かおちんちんを取出し、
フェラチオを要求してきたのです。

私もどうかしてました。

嫌がりながらも男同士なのに、
Aのおちんちんを咥えてしまったのです。

初めてのフェラチオは生臭く、
とても不快でした。

更に手を伸ばして
乳首をギューっとつねってくるのです。

まさに悪夢でした。

唯一の救いはAがスグ逝ってくれた事でしょうか。

Aの精液はおちんちん以上に生臭く、
さらに前触れもなく突然
口内に出されたせいもあり、
むせて吐き出してしまいました。

「大丈夫?」

とAは声をかけましたが、
その目はいやらしく笑いを帯びていました。

あの顔は生涯忘れないでしょう

その後Aはお返しとばかりに
フェラチオをしてザーメンをごっくんしてくれましたが、
そんな事では許されません

それから私にも問題あったのでしょうか、
部室に連れ込まれ、Aと男同士で
アナルファックしてしまいました。

お尻の穴に異物が入る感覚で、
ウンチが漏れそうになりましたが、
次第に前立腺を刺激されたのでしょうか?

ペニスを触られていないのに
勃起してしまい、今まで感じた事のない快感で、
絶頂してしまいました。

それからAに何度もアナルを犯され、
しまいには、自分のケツマンコを犯してくれって、
お尻を突き出してくるんです。

私は、渋々ながら、
思いっきりお尻の穴にペニスを挿入して、
アナルを虐めてやりました。

でもそんな事だけじゃ、
私の怒りは収まりませんでした。

私は一生、AとAにアナルを捧げた
自分を許さないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする