スポンサーリンク

元カレがAV男優って女とSEXしたんだけどwww【H体験談告白】

元カレが汁男優となると期待しまくるよ

女は雌豚みたいにプロの竿師に調教されて、

アヘ顔出しまくりのビッチだと思ったんだけどなぁ・・・

あれは早番で、そのまま帰るのもアレなので、

帰りの電車での出来事

「これから○○で飲める人いる?」

という、最近珍しい即会い系の募集を発見。

○○は、ちょうど通り道。

迷わずメールを送る。

しばし、待っているとケータイにメールを着信。

面接が決まった。久しぶりの即会い系GET!

写メ交換してないけど、まあいいか。

トントン拍子で面接が決まったけれど、

今日はパコるか、普通に飲むか

どうしよう

ガっついていないときに限って、

面接の機会が舞いこむんだよな

などと、考えていたら相手が

待ち合わせ場所に着いたようだ。

相手 の指定する場所に向かうと、

そこには小さい青山テルマ似の女が立っていた。

よし、今日は普通に飲んで帰ろう。

テルマと居酒屋へ向かう。

テルマは森ガール風のいでたちで年相応の格好

(ファッションはよくわからんけど)なのだが、

年齢のわりに、とても社交的で落ち着いている。

「ちゃんとしてる」

感が感じられる。たぶん、普通のOLじゃない感じ。

赤ちょうちんが好きなようで、好感がもてる。

しかし、20代前半の女子と話すのは随分ひさしぶりだ。

ジェネレーションにギャップはないか不安になり、テルマに問うてみた。

「君は、セーラームーン世代? おじゃ魔女世代?」

「私は、バリバリのセーラームーン世代ですよ」

さらに好感度が上がった。

テルマの希望もあり、駅ちかくの赤ちょうちんへ入る。

お互いビールを頼み、乾杯する。

酒が入ると、テルマも打ち解けていき次第に自身のことを話し始める。

くわしくは、解らないがどうやら芸能関係の人らしい。

いまの韓流ブームを年寄りのように憂えていた。

大人びた印象は職業柄なんだろうか。

俺も大人らしいところを見せなくては、とホッピーセットを注文し、

テルマの前で偽ビールをつくる。

さすがにホッピーは知らなかったようで、感心するテルマ。

「ホッピーを入れるときは、

気が抜けるから混ぜちゃいけないんだ。

これはホッピービバレッジの推奨する飲み方なんだ」

と、又 聞きの薀蓄をたれる。

飲み始めて1時間ほどたつと、お互い酔いがまわり

話題はエロークに

そして、テルマが過去の男性遍歴を語りだす。

どうやら、直近まで付き合っていた彼氏が、

ひとまわり年のはなれたAV男優で、

別れたいまも肉体関係は続いているらしい。

元彼がAV男優だなんて、なかなか興味深い。

顔が青山テルマだけど、AV男優に仕込まれた23歳。

はたして、どんな具合なのか。

こうなったら、AV男優に恐らく調教されたであろう

テルマとオマンコするしかねー

酒で助走がついたので、さっさと店を出る。

「今日は朝まで一緒に居ようよ」

「えー、無理! 私、実家だから泊まりとか無理だから」とテルマ。

押せばなんとかいけそうな雰囲気だ。

「じゃあ、君の実家の近くで飲もう。

そしたら、遅くなっても大丈夫」

と、自分でも惚れ惚れする機転の利いた返し。

えー! とはいっていたが、結局、

テルマの実家の最寄り駅へ向かうことになった。

移動したものの、休日ということもあり、空いているお店がない。

ならば、とホテルに誘うと、

テルマはしぶしぶといった感じで了承してくれた。

そのわりには、進んでホテルのほうへ案内しているようにも見えるが、

きっとテルマも酔っていたんだろう。

商店街の裏通りにある汚いラブホテルへ入る。

入るなり、テルマを抱っこしてベッドへ連れて行く。

なんせ、彼女は泊まれないからね。

ご 家族を心配させるわけにはいかないから、

さっさと済ませなきゃね。

そんな下衆なことを思いつつ、テルマに覆いかぶさりキスをする。

テルマも舌をからませてきて応戦する。

このテルマ、ノリノリなビッチである

すこしほぐれたところで、

教科書どおりにキスを首筋に移動させる。

首筋はあまり感じないのか、ピクリとも動かないテルマ。

さらに鎖骨のあたりに舌を這わすがとくに反応なし。

不思議に思い、顔をあげるとテルマ、爆睡してやんの。

起きそうもなかったので、そのまま寝ることにした。

数時間後、目を覚ます。頭が痛い。息が酒臭い

テルマは、相変わらず隣で爆睡している。

時計をみると朝の六時。

外はすでに明るくなっている。

あわててテルマを起こし、帰り支度を するよう促す。

人の心配をよそにダラダラと起きだすテルマ。

「もういいよ、朝になってるし。

うちの親、別に朝帰りくらい気にしないよ」

「おまえが帰るっていったんじゃないのかよ」

と呆れる俺にテルマがいう。

「そんなことより、昨日の続きしない?w」

エロ漫画みたいなセリフはくじゃねーか!

とこちらも火がつき、再度、テルマに覆いかぶさる。

そして、キス

朝六時のキスは口の中がカラカラで舌が滑らかに動かない

キスをしたあとは、

これまた教科書どおりに首筋にキス。テルマの吐息が漏れる。

テルマの肌は、若いだけあってとても張りがある。

張りというか、むしろ硬い

20代後半以降の女性の、

よくこねられたモチのような肌が好きな俺としては、

触っていてもイマイチ楽しくない。

おっぱいも硬い、尻も硬い、

太ももも硬い。これが若さか

それでも、ひととおりのペッティングを済ます。

そして攻守交替、

テルマにフェラチオしてもらう

AV男優仕込みの超絶テクなフェラを期待したのだが、

至って普通。

むしろ、すこし痛い。

元彼は相当な遅漏のようだ。

仕方ないので、挿入。

中の具合は締まりがあっていい感じ。

ただ、セックスに関しても普通

エロワードを発するわけでもなく

長瀬愛ばりに騎乗位してグラインドするわけじゃない

AV男優というのは、プライベートでは

逆に普通のセックスをするものなのかもしれないなー などと、

妙に冷静になったところで、果てた。

テルマも一応は、満足したのかしばらく

余韻に浸ったあと帰り支度をはじめ、ホテルを出た。

出勤中のサラリーマンの波を逆行して駅に向かった。

超期待したんだが、かなりのガッカリSEX体験になってしまった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする