スポンサーリンク

同僚を落すなら忘年会のあとが一番 【エッチな話】

去年の忘年会で後輩女を持ち帰ったわ。

ちょっと小さめの入社2年目の後輩、お酒が弱いのに、みんなに勧められて無理して飲んで泥酔、それでも二次会のカラオケもついてきたけど、ソファで爆睡、帰る方向が一緒ってことで、俺が連れて帰ることになった。

タクシーに乗せ、家の場所を聞いても爆睡しょうがないので、とりあえず俺の家までタクシーを走らせた。

部屋まで抱えソファに寝せた。顔を真っ赤にして、爆睡している後輩

しばらく後輩を眺めていたが、さてどうしたものか思案酔いが覚めたら車で送ろうと思い、とりあえず風呂入って寝ようと風呂に入った。

風呂から上がりソファで寝ている後輩を見ると寝返りを打ったせいか足を大きく広げて寝ているため下着丸見え腰に巻いたタオルが浮き上がる。

フラフラっと後輩の寝ているソファへ後輩の前に座り、何気に足を撫でる足先から太股へと撫でると、後輩の体温を手のひらに感じた。

本能が手を動かせる。

手のひらが太股の奥へと伸びる。

熱い、その時、俺のほうに寝返りを打ってきて太股に挟まれた俺の手下着越しに後輩のマムコを感じる。

もう無理我慢できなくなって、後輩の唇に唇を重ねた。

苦しそうな声をあげ顔をずらす後輩服のボタンを外し捲るピンクの花柄のブラジャーが目の前に顔を埋めるといい匂いがしてきた。

谷間を舌で舐め徐々に首筋へと舌を這わせ、太股に挟まれた手をマムコに押し当てるように動かすと、「あっんzzz」夢の中で感じ始めたのか

太股に挟まれた手を抜き、ストッキングに手をかけ脱がせようとしたが、汗で太股にぴったり張り付いているせいか、なかなか脱がせられない、起こさないように少しずつゆっくりと脱がせ、ようやく下まで脱がせた。

下着もブラとお揃いのピンク色手を下着の中へ入れ陰毛を手のひらに感じながら奥へと滑り込ませる。

さっきの行為で感じたのかマムコがジットリ濡れている。

指をマムコの筋に沿って上下させると、マン汁が溢れ始めて、クリを弄るとビクッと腰が痙攣した。

すると目を覚ましたのか、「えっ?あれ?先輩!あれ?なんで?」zzzz

言い終わるとまた眠りについた。

やばいやばい、でもすぐ起きちゃいそうだなぁと後輩を抱えベッドへベッドで服を脱がせ下着だけにして寝かせ横に添い寝後輩の白い肌を撫でながら、体中を舐めまわした。

ブラと下着を脱がせ素っ裸股間に手を這わせると湿った薄い陰毛マン汁が指に・・・

股間に顔を埋めマムコをしゃぶりクリを甘噛みマムコからマン汁が溢れ両足を抱えマムコの入り口でチムポをこすり付けながらゆっくりと押し込みながら挿入若干の抵抗感を感じながらもチムポが入っていった。

その痛さにまた目を覚ましたのか「先輩、ダメダメですよ。いっ痛い」

「ゴメン、前から好きだったんだ」抵抗しながらも、徐々に抵抗する手に力が無くなり目の前には、ピストンに感じ始めた後輩が居た。

ちょうど手で覆える程の大きさの乳房を揉みながらピストンを繰り返すと悶え声を上げ声を荒げていた最後突上げたと同時に股間からは蜜が溢れシーツを濡らし果てた。

後輩は、そのまま眠りにつき俺の隣で寝息を立てて朝まで起きなかった。

若干脚色した部分もありますが、ほぼノンフェクションです。

後輩とは、その朝二人で色々話し合いなんとか納得してもらい付き合うことと成りました。

まぁ泥酔してる女性をやるのって、一歩間違うと大変な事になるまして同じ会社ならなおさら、今回ギリギリセ~~~フ!って感じでしたがさてさて本能と理性、変な所で理性を失わないように

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする