スポンサーリンク

ハプニングバーに職場の後輩(セフレ)と一緒に行ってみた【H体験告白】

職場に俺の後輩となる夕子(仮名)が入社してきた。

入社3年目の俺が夕子の教育係に。

夕子は普段からサバサバしていて、
勝気が強く、仕事終わりに俺達(同僚)と飲みに行ったり、
サッカー・テニスなどアクティブで、
化粧も薄化粧。

髪の毛も後ろで束ね、
日焼けなど気にしないのか肌も健康的な褐色で、
下ネタを言って笑っている娘だった。

俺にとっての夕子は「女」ではなく、
「可愛い後輩」だった。

何年かして、俺は異動で別の勤務地となり、
夕子とは全然会えなくなった。

異動から1年ぐらいして、
同僚の結婚式に招待され、夕子と再会。

夕子はオレンジ色のパーティードレスを着ており、
胸元が開き、膝上のスカートで、
綺麗な足が伸びて、ヒールを履いていた。

夕子は背が低く華奢な体格だったが、
思っていたよりも胸が大きく、谷間が見えており、
俺は直視できずにいた。

披露宴後に、夕子から仕事の相談があるという事で、
飲みに誘われた。

相談内容は

『取引先の人と不倫状態にあるので、どうしたらよいか?』

というものだった。

俺は、夕子の性格から不倫するなんて想像出来なかったし、
そんな判断も出来ない夕子にショックを受けた。

その後、何時間にも渡って夕子へ説教をして、
電話をさせて別れさせた。

終電間近になっていたので、
急いで帰ろうとすると夕子は寂しくなったのか、
帰路の公園で

「今日は一緒に居てくださいよ~!」

と酔いながら大泣き。

面倒な酔っ払いになった夕子に対してお断りをしたが、
何だかんだでカラオケに行く事になった。

カラオケでひと通り鬱憤を晴らした後、
酔いが覚めた夕子と真面目なお話をしたら、
いつのまにか手を繋いでおりました・・・。

その後は腰に手を回してキスをしたり、
胸を揉んだりのお決まりの展開です。

開いた胸元に手を入れて揉むと、
夕子の乳首はカチカチになっていました。

乳首を摘んだりすると、
夕子の吐息が静かになったカラオケボックス内でやたらと聞こえました。

俺は夕子の女を感じ、早くから勃起。

胸を拝みたいと思いましたが、
ドレスがワンピースタイプだったせいか全裸状態にしなければならず、
夕子は服を押さえて脱ぐのは拒否。

俺は恥じらう夕子を初めて見て、
ますます興奮状態。

スカートが捲れないように押さえる手を無視して、
スカートの中に手を入れるとかなり濡れていました。

パンツがぐちゃぐちゃになるまで夕子のマンコを弄りながら

「口でしてくれる?」

と聞くと、無言で俺のチャックを下ろしてしゃぶってくれました。

最大限に着飾った夕子がしゃぶっているという非日常感で、
俺はすぐに我慢できずに予告もなく
夕子の口内に発射。

夕子は嫌がりもせず、
射精が治まるまで口で受け止めてくれました。

その後はボックスでのセックスは嫌だというので、
ホテルに移動。

ドレスを脱がしてセックスするのはもったいないなぁ・・・
と俺のエロ心が疼いてしまい、
風呂にも入らずドレスを着せたまま1回戦。

夕子のアクティブなイメージとは異なり、
白のレースの下着が褐色の肌に映えて俺を興奮させました。

ドレスを着たまま胸を晒して、突く度に胸が揺れ、
夕子の女の子の声が漏れて、俺は興奮のあまり、
情けない事にすぐにイってしまいました。

ちょっと寝てチェックアウト後、朝ご飯を食べて、
そのまま別のラブホのフリータイムへ突入しました。

夕子は寂しくなるのが嫌だったのか、
急に頼もしいお兄さんが現れたという錯覚なのか、
セックスを貪り続けました。

俺は俺で、知っている女のエロい側面を知って新鮮で、
興奮していました。

それから色々なところで、
色々なセックスをする仲になりました。

なぜか付き合いはしないんですよね・・・。

だからセックスフレンドだと思っています。

そんでセフレの関係が続くとマンネリ化して、
アダルトショップで大人のおもちゃを買って
ちょっと刺激的なSEXしようと。

買ったのは「耳栓」「太いバイブ」「アイマスク」
「ローション」「拘束テープ(?)」「コスプレ衣装」等。

その日、昼間からホテルへ行ってさっそくセックスをしました。

夕子はジーパンとシャツみたいな、
あっさりした服装だったのを覚えています。

スリムなジーパンを脱がすと、
すでにマンコは濡れてていつでも挿入OKの状態。

すでにアダルトショップでエロモードだったみたいです。

脱がして濡れていると言ったときの恥ずかしそうな顔は、
普段見せないために興奮させます。

ひとまず風呂に入りながら、
夕子とセックス。

風呂の淵に手をつかせて、
バックからガンガンと挿入。

夕子は尻を叩かれると興奮するタイプで、
バックの時は平手打ちは毎回します。

毎回尻を叩くのに、
叩いた瞬間に毎回「きゃっ!」と驚いた声を上げます。

そんな声も普段からは想像できないため、
俺のお気に入りです。

風呂からあがり、
アダルトショップで買ってきたグッツの品定めをしました。

机の上に並べて、夕子に選ばせます。

その日、夕子が選んだのは拘束テープ。

さっそく両手を縛り、夕子を苛めました。

なんだかんだやっても夕子は気持ちよさそう。

安心しているんでしょうが、俺としては少々物足りません。

そこで俺はアイマスクと耳栓を追加。

装着すると、目の前がAVの世界です。

ひっくり返して尻を叩くと、
いつもよりも大きな声で喘ぎます。

喘ぐというか、叫びに近い声をあげました。

そうなると、俺も妙に力が入り、
比例して夕子の声も叫びます。

マンコを弄ると、大声で叫びながら、
いつもの倍ぐらいの愛液をダラダラと流します。

あっというまに、布団に水溜りができるぐらいです。

指でマンコを激しく出し入れすると、
泣いているんじゃないかという声を出します。

「あっ!」みたいな可愛い声ではなく、
「いい~!うああぁ!」みたいな獣の叫びです。

やはり、耳栓をすると
自分の声の大きさが調節できなくなるようです。

手を拘束され、視覚、聴覚を奪われた夕子は、
緊張感や自分の液体の音を聞く恥ずかしさも混じってか、
手マンだけで激しくイきました。

イク直線に、いきなり腰がガクガクしだして、
声も震え、すごい力で腕を掴まれ、
腰が跳ねるようにしてイキました。

正直、ここまで激しくイッた夕子を
見たことがなかったので驚きました。

その後、挿入したのですがマンコまわりがビシャビシャすぎて、
俺の腰周りもビシャビシャになっただけではなく、
マンコもユルユルになっている感じで気持ちのよいものではありませんでした。

ただ、夕子を苛めるという行為に、
めちゃくちゃ興奮させられました。

先日の出張では、夕子の部門と共同だったため、
夕子をパートナーに指名して一緒に2泊ほどしてきました。

夕子は優秀なので特に疑われもしませんでした。

夕子と何も調整をしていないのに、
夕子は俺が気に入っているエロ下着を持参してきました。

1日目の夜は取引先と飲んだ後、
ホテルに戻り、俺の部屋のベットで即尺。

飲んだ勢いもあり、イラマチオに近いフェラで夕子もえずきながら一生懸命してくれました。

スカートの中に手を突っ込むとすでに濡れており、
愛撫もせず、仕事着のまま挿入。

最後は口内で発射しました。

仕事着のまま、
口元に精液がついている夕子は淫乱さを感じさせました。

2日目の夜は、夕子と2人で飲みにいきました。

これまでは絶対に行きたがらなかったのですが、
出張で気分が開放されたのか、
ハプニングバーみたいなところに行くことにしました。

とはいえ、初心者のため、
個室を借りて覗かれるだけのものです。

レースのカーテン越しに人が覗いているのがわかり、
緊張もしますが、変態的な気分にさせられます。

スカートをめくると、
夕子は俺のお気に入りのエロ下着の上にストッキングを履いていました。

ストッキングを脱がせ、カーテン越しに覗いている人に向けて、
夕子の足を広げて見せながら、指マンをしました。

あっというまに、夕子のマンコは濡れ、
下着に染みができました。

そこからは初心者ということもあり、
特別なこともせず、夕子とのセックスを覗かれながら楽しみました。

普段よりも夕子の乳首が硬くなっており、
まんざらでもない反応をしてくれました。

次の日、朝食を食べてチェックアウトまでに2時間程ありました。

出かけようかと話していたのですが、夕
子とキスをしていたらセックスの気分に・・・。

服が汚れるといけないので夕子は朝から下着姿になって、
俺の乳首やチンコにしゃぶりついてきました。

朝の明るさのなかで、
夕子が白い下着で愛撫してくる姿はエロいものでした。

久々に明るいところでみた夕子の乳首は最初のころより大きく、
黒ずんだ気がします。

やはり、何年にもわたり
激しいセックスを繰り返したからでしょうか。

俺も朝から、夕子のマンコにむしゃぶりつき、
残りの精液を夕子の体で出し尽くしました。

時間ギリギリでチェックアウトし、
電車に乗り込みました。

楽しい出張となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする